ジニアス記憶術実践レビュー(効果・口コミ・評判)

記憶術基本2-イメージ化

記憶力を良くしたいですか?

記憶する情報は、文字の場合とイメージの場合では、イメージの方が圧倒的に覚えやすくなります。

 

教科書が文字情報だけでなく、図解やイメージを多用しているのは、理解を深めると同時に、記憶の定着を促進しやすいということがあります。

 

文字情報だけでは単調で脳への刺激は少なくなります。

 

そこに関連するイメージがあれば覚えやすくなるわけです。

 

もし関連するイメージがなければ、自分自身で作り上げるという方法も役立ちます。

 

それは頭の中で想像するということだけでも構いません。

 

ある情報を記憶したいなら、その情報と関連するイメージを具体的に頭の中に思い描くのです。

 

これだけでも効果は上がるはずです。

 

何か情報を思い出したいt時は、イメージから思い出して、そこから関連する情報が引き出せるようになります。

 

文字情報は左脳を使いますが、イメージの情報は右脳が働きます。

 

一説には右脳は左脳の100万倍の記憶能力をもっていると言われていますので、イメージを活用して、右脳を活用できれば、記憶力はかなり向上できるはずです。

 

以下のような右脳を使った記憶術のノウハウも世の中にはありますので、そうしたものを試してみるのも一つの手段かもしれませんね。

 

 

ジニアス記憶術公式サイトへ

 

ジニアス記憶術特別価格12,800円

 

記憶力向上や自己実現に関する当サイトオリジナル特典10冊付き!!
オリジナル特典の詳細はこちら -->>