右脳と速読|ジニアス記憶術

右脳と速読

速読という方法は、左脳を使った方法と右脳を使った方法があります。

 

左脳を使った速読はいわゆる斜め読みでスピードをあげるもので、言語をひろって読むので、主に左脳を活発に使います。
(この方法は欧米で発達してきたようです。)

 

しかし、言語処理能力には限界があるので、いくら斜め読みで主要な言語を抜き出しても、速度はおのずと限られてしまいます。

 

それに対して、右脳を使った速読は、認識するのは言語ではなく、イメージ(画像)です。
読むのではなく、見る(見たものを画像として写し取る)という方法になります。

 

右脳はイメージ脳ですから、イメージをそのまま脳内に大量に且つものすごいスピードで記録する作業は得意分野になります。

 

言語を処理するよりも、見たものをそのまま記録する処理は格段に速くできるのです。

 

ということで、従来の読むスピードよりも飛躍的にスピードをあげることができるわけです。

 

速読を見たことがあると思いますが、本をパラパラパラ〜っとめくって、見たものをそのまま脳に焼き付けます。
(だから、この速読法はフォトリーディングという言い方で呼ばれることもあります。)

 

ただし、この方法はそんなに簡単ではなく、それなりの訓練が必要になるようです。

 

自分はこうした速読術をやったことがないのですが、多分右脳を格段に活性化させるジニアス記憶術にも通じるものがあるのではないかと考えています。

 

 

ジニアス記憶術公式サイトへ

 

ジニアス記憶術特別価格12,800円

 

記憶力向上や自己実現に関する当サイトオリジナル特典10冊付き!!
オリジナル特典の詳細はこちら -->>