ジニアス記憶術実践レビュー(効果・口コミ・評判)

記憶と感情の関係

五感には含まれませんが、人が抱く感情も記憶と大きな関わりがあります。

 

人には喜怒哀楽というように、喜び、悲しみ、怒りなどいろいろな感情があり、過去の記憶と関わりあっています。

 

感情は脳に対して大きな刺激を与えるものであるため、その感情に関連する事象の記憶というのは残りやすくなります。

 

このように、日常に起きる出来事を、全く意識しないで記憶しているかどうかについて感情が影響していることは明らかですが、意識的に何かを覚える、つまり学習(知識、技術の習得)などの場面でも感情は関わっています。

 

生活習慣のストレスでも説明しましたが、人はストレス状態(つまりネガティブな感情の状態)においては学習効率が悪くなることがわかっています。
ストレスはコルチゾールというストレスホルモンの分泌を促し、脳の機能を低下させます。
また嫌な感情については睡眠中に脳は記憶から消去するような働きをするので、そのような感情の下で学習したことも記憶に残りにくくなります。

 

逆にリラックス状態、気分のいい状態(ポジティブな感情の状態)での学習効率は高まります。

 

したがって、意識して何かを記憶しようとか、理解しようとか、脳を効率的に働かせたいなら、自分自身がポジティブな感情になれる環境を整えることが大事になります。

 

音楽もその一つですし、アロマのような香りも一つの手段になるかもしれません。
または瞑想によるセルフイメージの強化でもいいでしょう。

 

自分自身はどのような環境で感情がポジティブになれるのか、改めていろいろと考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

ジニアス記憶術公式サイトへ

 

ジニアス記憶術特別価格12,800円

 

記憶力向上や自己実現に関する当サイトオリジナル特典10冊付き!!
オリジナル特典の詳細はこちら -->>

感情と記憶の関係関連ページ

注意力と記憶力の関係
音楽と記憶の関係